前へ
次へ

禅宗の一派、臨済宗におkる葬儀の流儀

葬式あるいは葬儀は、死者を弔う厳粛な儀式となります。
喪服は厳粛さを表す黒となっており、厳かな雰囲気の中で執行されます。
人が死んだ場合、病院において医師による死亡確認が行われ、その後に葬儀会社によって葬儀の手続きを行います。
 日本における葬儀は、宗派によって流儀が異なります。
臨済宗(京都にある、天龍寺、鹿苑寺、慈照寺、龍安寺、西芳寺が代表的)の場合、仏教において香を焚く行為とされる焼香は、一回行うだけで良いとされます。
仏前で礼拝、抹香を抓んで香炉に入れて、合唱して礼拝、これを一回だけ執り行います。
この宗派では、座禅をして悟りを得るのが修行の特徴となります。
 臨済宗では、死者は授戒という、仏の弟子になるための儀式を受けます。
この儀式は、当該宗派の葬儀で最初に執行されます。
故人の遺族は、数珠を持つ際は左手の手首に掛けることになります。
焼香に関しては、添え香という、焼香を二回行うこともあり、これは故人に対して敬意を込めてより丁寧に行うことになります。

Page Top