前へ
次へ

葬式みたいする捉え方の変化と葬儀会社の競争の激化

葬式は故人を偲ぶ儀式として長く定着していますが、最近では葬式の形式や規模などの捉え方が変わってきています。
以前であれば、出来るだけ故人が生前かかわりのあった人の多くに、参列してもらえるような形を執るのが一般的でしたが、今主流となりつつあるのは一日葬や家族葬などの、シンプルで規模の小さな葬式です。
葬式にかかる予算や、参列する側への配慮などが重視されるようになり、このような傾向が顕著になったと言えます。
また、以前に比べ親戚縁者との交流やつながりが希薄になってきていると言う世相もあり、あえて最低限度の葬式に留め案内は出さないというケースも増えています。
また、葬儀会社側も、小規模低予算の葬式プランに力を入れており、葬儀業界の競争も激化しています。
葬儀業界の競争の激化は、選択肢の幅が増えた事による価格やサービスの向上には、非常に良い影響を生み出しており、安かろう悪かろうと言う時代ではなくなりました。

Page Top