前へ
次へ

法然上人が開祖の、浄土宗における葬式の流儀

黒が基調色となり、僧侶は紫色の衣装を着て死者を弔う儀式とされる葬式は、日本においては厳かな雰囲気の中で行われます。
天台宗から分派したとされる、法然が開祖で総本山は知恩院(京都市東山区、山号は華頂山)となる浄土宗(浄土真宗という別称も在るため、親鸞を開祖とする真宗を一向宗と呼ぶことがあります。
また、浄土専念宗ともいいます)では、南無阿弥陀仏を唱えれば極楽浄土に往生できるというのが特徴的な流儀となります。
 浄土宗では、葬儀は、故人は北枕に寝かせて、顔に白布を敷き、胸元に守り刀を置きます。
蝋燭と線香は御通夜の際は絶やさないようにすることになります。
焼香は三回に亘って行い、僧侶に納付する謝礼は御布施となります。
浄土宗では、参列者一同が念仏を唱えるのが特徴的となっています。
これは決して浄土宗の信者が、非信者との間で信仰心を深めることを狙いとしたものではないとされます。
 因みに、浄土宗における数珠の持ち方ですが、二連の数珠を使うのが一般的です。
合掌した際に、両手の親指と人差し指の間に掛けます。
また、浄土宗では、掌の間で音を立てるのはマナー違反行為となります。

Page Top