前へ
次へ

年々小さくなっていく葬式事情を考えよう

芸能人が亡くなった時にも言えることですが、最近の人は亡くなった時に盛大なお葬式を行わなくなりました。
これも時代の流れと言って良いのでしょう。
ご近所付き合いをしているような地域であればそれなりの規模で行われることもあるかもしれません。
しかし、都会ともなると隣に誰が住んでいるのかもわからない状態ですから、家族だけでひっそりとお葬式を行うだけで十分だと考えるのではないでしょうか。
また、残された遺族のことを考えると、大きなお葬式では負担があまりにも大きくなってしまいます。
少しでも遺族が困らないように、迷惑をかけないようにと言う優しい気持ちもあって家族葬と言う少人数の温かい、居心地のいいお葬式に人気が集まっているのかもしれません。
樹木葬など従来のお葬式とは違った形を選択する人も増えています。
何か希望がある場合は、生前に家族などに希望を伝えたり、メモなどを残しておいてください。
小さい規模であっても誰もが満足するのであればそれでいいのかもしれません。

Page Top