前へ
次へ

日本仏教の総本山の天台宗における葬式の流儀

死者を弔う儀式は、基本的に厳かな雰囲気の中で行われます(アメリカの場合、陽気な雰囲気で行うこともあります。
教会で讃美歌を唄って故人を弔うこともあります)。
葬式は黒の喪服を基調とします。
滋賀県大津市坂本に本拠を構える、日本仏教の総本山ともいえる天台宗では、人類は全て、仏様の子供」とするのが流儀となります。
真実を求めて、それを追求する姿勢があれば悟りに繋がるというのが、天台宗(正式名は、天台法華円宗あるいは天台法華宗。
日蓮宗の別称は、天台宗の文派ゆえに法華宗といい、日蓮は天台宗を崇拝していたことを裏付ける理由となります)の流儀となります。
 天台宗あるいは天台法華宗では、故人に対して御浄めを行います。
水やお香を使って御遺体を清めて、髪の毛も剃刀で当てるそうですが、この、「剃度の儀式」は執り行われないのが一般的となります。
剃度の儀式後には、故人に対して戒名が付与されることになります。
棺が閉ざされてからは、茶器が御供えされることになります。
これは、奠茶(てんちゃ)という儀式であり、天台宗特有の流儀となります。
 天台宗における御焼香は、基本的に三回行われます。
線香の本数は1又は3本となり、数珠は楕円形の平たい数珠を使います。

Page Top