前へ
次へ

禅宗の一派、臨済宗におkる葬儀の流儀

葬式あるいは葬儀は、死者を弔う厳粛な儀式となります。
喪服は厳粛さを表す黒となっており、厳かな

more

浄土真宗(一向宗)における葬式の流儀

人が死んだ場合、医師による死亡確認、死亡確認が行われた後に初めて葬儀会社の手配をすることによって葬式

more

法然上人が開祖の、浄土宗における葬式の流儀

黒が基調色となり、僧侶は紫色の衣装を着て死者を弔う儀式とされる葬式は、日本においては厳かな雰囲気の中

more

葬儀の真の意義を考えてみましょう

葬儀とは、一般的には、故人とお別れの場です。
とは言っても、葬儀の意義とは実に様々な考え方があります。
日本では、葬儀が悲しみの場と考えられることが多いようです。
しかし、他国では死者の新たな門出として、盛大に葬る場合もあります。
葬儀の方法は宗派や地域により多少りますが、葬儀とは別に、その前夜に、所謂お通夜があり、死者とのお別れをします。
最も重要だと思える意義は、葬儀には死と生について考える場だということです。
人が死を考えるときと言うのは、他人の死からしか学べないはずです。
遺体と直面し、死とは何か、また、改めて生きることは何かを考えさせられる場になります。
葬儀は、悲しさが協調されますが、人が生きていた跡汲み、またこれからの人へのメッセージを受けとる場です。
葬儀に参列する機会では、亡くなられた方へのお別れの挨拶は勿論、その方が遺した思想や、残された人がこれからの生きる意味を考えてみる場面です。
命ある者はいずれ必ず滅びます。
古人は未だ生を知らず焉んぞ死を知らん、と語りました。
その意味を知り、しっかりと故人を葬る場として儀式に参列しましょう。

まだ間に合う!中学生の夏休み短期留学

やり直したいを叶える東京のミライテラス
確かな工作員がお2人を再び繋ぎ合わせます

Page Top